スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50

俺が軽く会釈をして男とすれ違った時だった。

「あぁ。君かね。確か元巨人の選手で新しくここに入ったというのは…」
「え?あ、はい。そうですが…」
「はじめまして。私は厚生労働省雇用均等・児童家庭局局長で生田絵梨花の父です」
男はそう言うと名刺を差し出した。

厚生労働省の局長。
確かこの児童家庭局ってこういった施設を所管するところだ。
なるほど。園長が下手に出たのも納得だ。
彼のさじ加減でこの学園の明日を潰すことすら出来る。そんな権力を持っているんだ。


「君は確かプロの世界に戻りたいと言っているそうだな?」
一体どこでそんなことを。
いや。厚労省の幹部ならそんなことを知るのも朝飯前だよな。
俺は唾を飲み込んで気持ちを落ち着かせた。


「ええ。今も練習はしています」
「そうかね。君がどういう夢を追おうが私の知る由はない。ただ、娘に変な影響だけは与えないでいただきたい」
「え?」
「どうやら。君がここにきてから娘の様子が段々おかしくなっている。一体何をしたのかね?」
「何もしていません。ただ職員としての職務を果たしてるだけです」
「どうかね?この3年で娘はだいぶ自制心が芽生えていた。だが、今回のことといい娘がまた3年前みたいになっては困るのだ」
「それは違いますよ…」
「待て。何も知らぬ君が余計なことは口を出さなくて結構。とりあえず今後娘とは少し距離を置きたまえ。では時間がないので…」


父親は俺の言い分も聞かずに去っていき車に乗り込んで足早に去っていった。
それにしても俺自身が責められたこと以前に今の生田が3年前と同じにしか見えていないとは心底呆れた。
どうせ報告書やらレポートで自分の娘の全てを知った気でいるのだろう。








冗談じゃない。
そんな紙切れで彼女が今までどれだけ悔み悲しみ苦しんできたかなんて分かるはずもない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。