スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

42



「飛鳥はただ自分が許せなかった。そうだよな?」


俺がそう言うと飛鳥は驚いた表情を見せた。
おい何で知ってんだよって主張しているようだ。
何で知っているかって。
分かるんだよ。

「お前はただ自分のせいで北野が巻き込まれ傷ついたのが許せなかった。だからあんなことを」
「ちげーよ。そんなわけ…」
「そりゃそうだよな。今までただ利用してきた奴らと違って北野は人生最初にできた親友なんだしな」

大事な親友が自分のせいで傷つく。
自分のせいで他人が嫌な思いをする。
人にとってこれほど自分を責め立てたいことはないだろう。

だが、それは同時にそれだけ人を思っているということだ。
俺はあの時すぐに分かった。
何故飛鳥があんなことをしたのか。

北野を守りたかったんだよな。
北野を巻き込んだ自分が許せなかったんだよな。
そんな自分はここにいるべきではないと思ったんだよな。

それは分かる。


俺もそうだったんだから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。