スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20

齊藤飛鳥は3年前に乃木坂学園に入園した。

小学校中学年あたりから近所のコンビニや文具店などで万引きを繰り返した。
特に強いストレスを感じるとモノを盗みたくなるようだ。
両親は何度も精神科や心理療法士に診せるも効果はなかった。
どうやら急にモンスターが現れたと思いこんだそうだ。

しかし実はそうなるきっかけがあった。
小学3年生の頃に人気の女の子が持っていたレアな消しゴムが消えたという。
飛鳥は否定するも飛鳥の筆箱から見つかったことで担任教諭から激しく罵倒された。
さらには当時の校長が厳罰主義者で飛鳥のやったことを校内新聞や朝礼で話すなどして居づらくさせたのだ。

だが、これはその女の子と仲間たちが仕組んだ狂言だったことが後に発覚する。
しかし分かっても彼女たちは何のお咎めもなかった。

こうしたことが鬱積して彼女の盗み癖はさらに悪化して警察の知るところとなる。
そして両親が下した決断は乃木坂学園への入所だった。
入所以降は両親とは絶縁状態。仲間とは何かと可愛がられてはいる。

そして転機が訪れたのは1年前だった。
新たに入所してきた北野日奈子の存在だ。
北野もまたイジメにより心に傷を負い、過ちを犯して入所して来た。
その境遇は飛鳥と酷似しており二人は意気投合した。

なかなか馴染めていなかった飛鳥と北野が仲良くやれることで仲間の絆も深まった。
生活や学習の態度も向上しつつあると評されている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。