スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18

「おい誰かと思ったら国家権力振りかざす村上警部補じゃないのよ。よっぽど暇なのかしら警察は?」
そこへ園長がものすごくイライラした様子でやってきた。

「アホか。めっちゃ忙しくてこんなとこ二度と来たないわ」
「だったら何しに来たのよ?またしょうもないことだったらタダじゃ済まさないからな」
「まぁええわ。おい、齊藤と北野どこにおんねん」

村上はそう言うと齊藤飛鳥と北野日奈子の方を睨みつけた。

「齊藤3人いるんだからどっちか分かんねーよ」
飛鳥が反論すると村上が不機嫌そうな顔をする。

「北野とつるんどる齊藤はお前しかおらへんやろ!」
村上はそう言うと手帳で飛鳥の頭部を叩いた。

「あー国家権力が叩いた。暴行!暴行!」
北野が村上を指すも慣れているのか村上は表情一つ変えない。

「うるさいわ。お前らの為にわざわざこんな片田舎まで来とるんじゃ」
「それで、この手羽先ときい坊が何しでかしたっつーんだよ」
園長が尋ねると村上は憎たらしいような笑みを浮かべた。

「お前ら一昨日乃木坂商店街の乃木デパートにおったやろ?」
村上がそう尋ねると二人はビクッとして落ち着きがなくなった。

「ちょっと二人ともその日は体調悪いって休んでたんじゃ?」
「ななみんもホンマお人好しやなぁ。だから調子こいて仮病して脱走するんやで。おい桜井」
「実は一昨日デパートの中にあるこちらの本屋から通報があってある本が二冊足りないそうです」

桜井刑事がそう言うとタブレットを取り出して足りないという本の画像を見せる。
それを見た二人は目を逸らす。

そして桜井刑事が若月刑事にタブレットを渡すと今度は何かの映像が映し出される。
これを見た二人にもはや先ほどの勢いは感じられない。
村上はしてやったような顔をしている。

「つまりこいつらはここにおらなあかん時に街に出てデパートで本を万引きしとったわけや」
「証拠もあるので言い逃れはプラスにならないと」
「まったくいくらこんな片田舎に放り込まれても手癖は治らんようやなぁ」


もしかして小百合ちゃんが言ってたワケアリって。

「おぉ思い出したでアンタ。こないだ読売クビになったんやってなぁ。よかったのぉあんなとこ出られて」
いちいち鼻につく言い方をする。
大阪人故なのか。
警察という国家権力の上に立っていて自分が偉く思えるのか。
いずれにせよ他のみんながはらだちを覚えるのも無理はない。

「ええか。ここにいる奴らはみんな俺ら警察の世話になっとるか親とか学校が危ないといって入れたワケアリばっかやねん」

そう。村上の一言で俺は小百合ちゃんの言っていたワケアリを理解した。

ここは児童養護施設ではない。

児童自立支援施設だったのだ。
スポンサーサイト

コメント

地下でこのように評されていますが全く同意です。
正直こんなものが存在すること自体日本の恥です。
貴方が作者の自覚があるなら地下に来て反論してみなさい。
出来ないなら今すぐブログを閉鎖しなさい。

614 名前:名無しさん@実況は禁止です@転載は禁止 :2014/10/22(水) 01:10:51.38 ID:XxB406woi
千葉は講評するに値しない

まず物語で何を語りたいのか意味不明
多分思いついた物語を適当に書いているのだろう
文章力もさることながら構成力すらなく、更にはメンバーの個性がまるで活かされてない
誰かが前述したようにあれなら誰に置き換えても同じだね
彼は作者気取りのようでそれが滲み出ていて読んでいて不愉快千万だ
正直かなり文才というか簡単な文章すら書けないんだろうねあれならまだ小学生の読書感想文の方がまだ読める
悪いけどこれを面白いと感じる人は余程読解力がないのか障害があるのではないだろうか?
この小説スレの今後の繁栄と将来を踏まえたら今後千葉の作品は講評しないのが望ましい
彼より酷い新規作者は出ないだろうが作者志望の方は決して読んではならないと警告する

Re: タイトルなし

評論家さん

この書き込みに関しては私も拝見しました。
その通りの部分は多々ありますね。
ただ、あくまで妄想作文なんで思いついただけを書いているだけです。
なので作者を気取るつもりなんてありませんし他の方々に優る劣るというのを考えたこともないです。
ただ、読んでくださる方を悪く言うのは少しいただけないかなって思います。
この書き込みをされた方にとって私の作品がそう見えたのであればそれはそれで仕方ないと思います。
私自身も色んな作品を読みますが全て理解しているわけでもないですしね。

よくブログを閉鎖しなさいとか言われますが今現在閉鎖する気はないです。小説スレにおいても多くの叱咤激励を受けていますしここでやめるのは以前も書きましたがそういった方々の期待を裏切ることになります。
閉鎖するときは私の妄想が尽きるか、乃木坂に興味がなくなるかぐらいですかね。

返答も駄文になってしまい御不快になられたかもしれませんがこれが全てですので以降の返答は差し控えたく思いますのでご理解をお願いします。

No title

千葉さんこんにちは。お話も大分進んでいるのでまた感想書かして頂きますね。

施設が訳ありとあったんで自分なりに予想してたんですが、自立支援施設とは
思ってませんでした。どんな施設かが明らかにされた事でお話の輪郭が少し
見えてきたように思えます。一口に自立支援といっても施設にいる子達の
抱える問題はそれぞれ違うと思うのでその辺も見ものというか、気になります。

それと、てっきり施設内の中での出来事で完結するお話というか、メンバーは
みんな施設内の職員か被支援者に配役されると思ってたので、施設の外の
警察官にもメンバーが配役されたのも予想外でした。しかも、それを
率いてるのが村上さんという(笑)。園長もマツコ…いえ、松子さんですし
某局の深夜番組を思い出さずにはいられないですね。脇がこれだけ濃いので
メンバーも彼らに食われないくらい個性的に書いてくれたら嬉しいです。

それでは、またお話の更新を待ってますね~。

Re: No title

七氏さんいつもありがとうございます。

正直最初は養護施設と思って書いていたんですがあしゅときいちゃんのエピソードを考えるうちに児童自立支援施設でないとリアリティがなくなるなと思ってそうしました。
配役もやはり色々考えてメンバーの特性が活かせればと思いましてね。

これからも色んな役でメンバーが出てきますので期待していてください。
全員は残念ながら難しいかもです。

No title

わかりました。自分が好きなメンがどんな役を任されるのか楽しみにしてます。

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。