スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8

ダァン!

彼女がピアノを弾き終えた時だった。
俺は手に抱えていた荷物の存在を忘れていた。
手を離した瞬間に重さおよそ2キロはあるであろう段ボール箱が俺の右足の指に落下した。

「ぐぅおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

俺の足に強烈な激痛が襲う。
野球生活においてデッドボールは何回もあったがここまで痛いものはなかった。

まるで大谷翔平のストレートを至近距離から当てられたような感覚だ。
俺はその場に倒れこんで痛みで悶えていた。


「大丈夫ですか!?」
彼女が駆け寄ってきた。

昼間と違い随分な醜態を晒してしまったものだ。
俺は恥ずかしいと思い痛みをこらえて立ち上がる。

「ああ平気さ。いや君のピアノが上手くて拍手しようと思ったらさ」
「でも足が…」
「ああいや。大したことはないさ。すぐにおさまる」

何だ。また体全体がぽかぽかとしてきたぞ。
それに何故彼女の顔を直視できないんだ。
本能的にそんな行動に出ている自分に俺は理解できないでいる。

しばらくの沈黙の後、彼女から重い口を開く。

「もしかして今度新しく来るという元プロ野球選手の…」
「何だ。知っていたのか。無理もないか」
「あっ私生田といいます。生田絵梨花です。じゃあ…」
「え?ちょっ…」

彼女はそう言うと足早に音楽室を出て廊下を駆けていった。



生田絵梨花。

彼女の名前を聞いて俺は何故か納得した気持ちになった。
そして、ここから俺の人生は大きく動き出すことになる。

これから先に起こる様々なことを予期できるはずもない。
何故なら俺の頭の中には彼女の表情しか浮かばなかったからだ。
スポンサーサイト

コメント

No title

おはようございます。七氏です。
ここまで読ませていただいた感想を書きますね。

千葉さんがおっしゃってた通りほっこり系のお話で楽しく読ませていただいてます。
AKBや乃木坂の小説となるとBRものを初めとするバトル要素があるものだったり、
推理モノのようなサスペンス物が多く、こういう感じの作品は貴重なので嬉しいです。

細かいツッコミしてしまって申し訳ないんですが、2つほど気になった事があって
3の草笛の件でハーモニーになっていると表現なさってましたが
何とのハーモニーなんでしょうか?
それと7で「『最後』の荷物を~」となるべき所が、死期のほうの『最期』になってしまってます。

今のところ読んだ限りでは、やっぱりいくちゃんがメインになってくるのかな?
とはいえ、まだ始まったばかりだしこれから他のメンバーも出てくるでしょうし
決め付けるには早計ですね。
ただ、物語の重要なファクターを担わされることは間違いなさそうだし、
いくちゃんは個人的に乃木坂の中でかなり推してるメンバーなのでそういう意味でも
これからが楽しみです。更新待ってますね~。


487 名前:名無しさん@実況は禁止です@転載は禁止 :2014/10/20(月) 16:02:21.38 ID:HdV1AM00i
うるせーよ
千葉みたいなあんな幼稚園児でも書かねーひでぇ日本語並べたもん誰も読まねーだろwww

壱さんと比べること自体失礼だわカスが


僕は全くこの意見に同感です。
壱さんの作品よりあなたの駄文が何故小説スレで語られているか意味がわかりません。
ご自分で他人を装い書かれているなら大問題ですよ。まああなたは常に自作自演をなされ、日本の法律さえ守れない犯罪者ですから認識すら感じないでしょうがw
反論があるならどうぞ。出来ないなら今すぐブログを閉鎖しなさい。

Re: No title

七氏さん。コメントの返事が遅くなってすみません。

> AKBや乃木坂の小説となるとBRものを初めとするバトル要素があるものだったり、
> 推理モノのようなサスペンス物が多く、こういう感じの作品は貴重なので嬉しいです。

ありがとうございます。
まだどうなるかわかりませんけど最後はほっこりできるようにしたいと考えてます。

さっそく気になられたところについてお答えしたいと思います。

> 3の草笛の件でハーモニーになっていると表現なさってましたが
> 何とのハーモニーなんでしょうか?

すみません。まったく意識せずに書いていましたね。コメントを見て自分でも気になったので後ほど修正させていただきます。それを回答という形にさせていただきたいと思います。

> それと7で「『最後』の荷物を~」となるべき所が、死期のほうの『最期』になってしまってます。

読んで初めて気付きました。一応チェックはするんですがね。
すぐに修正しておきます。
こういうことがないように気をつけますがまた誤字とかあったら気軽に指摘してくださいね。

こんなコメントも駄文ですみません。
そんな作者ですが今後ともよろしくお願いしますね。

Re: タイトルなし

評論家さん。
この度は初めてコメントをいただきありがとうございます。


> 僕は全くこの意見に同感です。
> 壱さんの作品よりあなたの駄文が何故小説スレで語られているか意味がわかりません。
> ご自分で他人を装い書かれているなら大問題ですよ。まああなたは常に自作自演をなされ、日本の法律さえ守れない犯罪者ですから認識すら感じないでしょうがw
> 反論があるならどうぞ。出来ないなら今すぐブログを閉鎖しなさい。

申し訳ないのですが壱さんの小説は読んだことがありませんのでその点についてコメントは差し控えたいと思います。
私は小説スレ出身ですのでよく覗いてはいますがブログを開設した日から書き込みは控えています。自作自演とはよく言われているようですが身に覚えがありませんし、法律違反を犯したりそれによって警察や司法機関から処分を受けたこともありません。
あとブログを閉鎖しなさいとありますが、一人でも楽しみになさっている読者の方がいる以上は閉鎖したくありません。それは一度は諦めて再起した私をこうやって見てくださったり評価してくださる方への裏切り行為にあたるからです。

これが一応私の返答とさせていただきます。駄文でご納得されないかもしれませんがこれ以上の回答は差し控えさせていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。